家庭教師のトライ料金まとめ

家庭教師のトライ料金まとめサイトです。

この記事は約 2 分で読めます。

このサイトでは、「家庭教師のトライ」の料金情報をまとめています。

一般的な料金体系でいくと、

通信教育<集団塾<個別指導塾<家庭教師

と学習指導を受けるジャンルとしては、
一番高いのが家庭教師です。

これは、主に人件費で考えると簡単ですよね。

通信教育
教材が出来上がれば、あとはほったらかしw

集団塾
先生1人に対して、生徒が5−20人。

個別指導塾
先生1人に対して、生徒は原則1人、多くても2−3人。

家庭教師
先生1人に対して、生徒も一人。

先生1人の給料を仮に30万とすると、
集団塾は、30万÷20人=1.5万
個別指導塾は、30万÷2人=15万
家庭教師は、30万÷1人=30万

そら、高いわけですよ。

でも、その分、「マンツーマン」の1対1の指導ですから、
先生の指導を独り占めできるのも、家庭教師の魅力です。

本来、普通に考えれば、1対1の家庭教師をつければ、
学力ないしは、成績はアップするはずなんですが、
どうして、こうも家庭教師業界は良い評判が少ないのでしょうかね。

それは、やはり講師の指導力・人間力に左右をされてしまう、この一つにつきますよね。

ある意味では、お子様の性格・学力をしっかりと見極めて、
お子様一人一人にあった指導をしないと、意味がないからですよね。

このブログでは、そんな家庭教師業界の王者「家庭教師のトライ」にスポットを当てて、
あらゆる視点から、独り言を放っていこうと思っています。

どうぞよろしく!

この投稿のトラックバックURL:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


è